◆オープン戦 西武7-2ヤクルト(13日、メットライフドーム)

 無観客だからこその“ラスト”パフォーマンスだった。7回1死二塁。山川がオープン戦3号を左翼席上段まで運んだ。ダイヤモンドを一周し、中継用のカメラへおなじみの「どすこい!」を全力で披露。4打数4安打の猛打ショーを締めた。

 「今は人がいないので勝手にやった」。新型コロナウイルスの感染拡大を受けた開幕延期にもかかわらず好調だが、シーズン本番では問題もある。ファンを巻き込む「どすこい!」はリスクが高いとして、規制対象となる可能性もあるからだ。

 試合後には「熱男!」の...    
<記事全文を読む>