ヤクルトの開幕投手に指名されている石川がオープン戦に入って最長の5回を投げて6安打2四球を許しながらも1失点で切り抜けた。「練習試合でもオープン戦でも緊張感を持って臨んでいる。何とかイニングを重ねられたことが良かった」と引き締まった表情で話した。

 強力な西武打線を相手に毎回走者を背負いながらも崩れなかった。高津監督は「いろいろと試そうとする姿勢が伝わってきた。粘りの彼らしい投球」とうなずいた。

...    
<記事全文を読む>