ルートインBCリーグは11日、4月11日の開幕を予定している今季の全日程と運営体制を発表した。今季も東、西地区による前後期制で実施。初参戦の神奈川が東地区(6球団)に、昨季東地区の新潟が西地区(6球団)に移り、計12球団で優勝を争う。信濃グランセローズが所属する西地区と、東地区の各球団の年間試合数は、昨季と同じ70試合に決まった。

 リーグは、新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、日程が変更になる場合があるとしている。

 前後期の試合数は昨季と同じで、西地区が前期36試合(東地区34試合)、後期34試合(同36試合)。このうち、公式戦として扱...    
<記事全文を読む>