ベイスターズは10日から取材ルールを一部変更。報道陣から2メートル離れ、神妙な表情の守護神山崎は「何とか一日でも早く開幕日が決まってほしい」と素直な思いを口にした。

 例年以上に早い開幕を想定して肩をつくってきた。「もちろん(再調整は)難しいけど、100パーセントの準備を進めていきたい」。出場を目指す東京五輪の開催も不透明になり、「シーズンもどうなるか分からない状況。いろいろな不安はあるが、自分のパフォーマンスを発揮できるように準備したい」と言葉を選んだ。

 ファンへのサービス精神にあふれる右腕は、無観客でオープン戦が行われていることも気に掛...    
<記事全文を読む>