日本ハムは、三塁の定位置獲得を目指す横尾が二回に本塁打を放ってアピール。四回は谷内、五回は王柏融がそれぞれ適時二塁打を放った。先発マルティネスはオープン戦最長の6回を投げて1失点の好投。オリックスは吉田正の適時二塁打で1点を返すにとどまった。

...    
<記事全文を読む>