【美唄】4月からスタートする道内初の野球独立リーグの加盟チーム「美唄ブラックダイヤモンズ」が、始動を目前に控え準備を進めている。選手たちは昨年3月に閉校した旧茶志内小を拠点に活動する予定。5月2日には富良野のチームと初戦を迎える。

 選手は道内をはじめ、東京や京都、高知、福岡などから参加する17~25歳の14人(2月末現在)。道内各地で開かれたトライアウト(入団テスト)を経て選ばれた。今年は富良野のチーム「レラハンクス富良野BC」と9月まで、約70試合をこなす。

...    
<記事全文を読む>