原発事故 14歳から避難生活

 あの原発事故から何もかもが変わった。「計画的避難区域」に入り、戻れない古里。放射線の影響に不安を募らせる日々が続いた。もがき、悩む多感な10代。心の支えになったのは大好きな野球だった。今季、高知ファイティングドッグス(FD)に入団した松下圭太投手。福島県飯舘村出身の23歳は「飯舘の人たちに自分も頑張ろうと思ってもらえる存在になりたい」と高知での活躍を誓う。

...    
<記事全文を読む>