3年ぶり9度目の開幕投手を務めるヤクルトの石川は4回を6安打1失点で踏ん張った。一回に福田秀に先頭打者本塁打を浴びたが、その後はピンチで打たせて取る熟練の投球が光った。「併殺打などで抑えたところは良かったが、2死からの四球などは反省点」と気を引き締めた。

...    
<記事全文を読む>