◆オープン戦 広島5-11西武(7日、マツダスタジアム)

 ドラフト2位の浜屋(三菱日立パワーシステムズ)が、圧巻の奪三振ショーで開幕1軍を引き寄せた。

 6回からの3イニングを2安打1失点。3者連続を含む6奪三振のうち、五つは見逃しだった。「きっちり投げ切れたという意味で見逃し三振は良かった。どこを任されてもしっかり投げられるように」。

 辻監督も「いいアピールだった。先発も考えないといけない」と構想が膨らんだようだ。

  ...    
<記事全文を読む>