◆オープン戦 広島5-11西武(7日、マツダスタジアム)

 西武先発の松本は4回を投げて6安打4失点だった。

 「立ち上がりはテンポよくいけた」と振り返ったが、3回に急変。鈴木誠の2ランなど5連続長短打を浴びて一挙4点を失い「腕が振れていないのに(球を)置きにいって打たれてしまった。投げミスが長打につながった」と反省した。

 前回1日のDeNA戦は5回無失点だったが一転、課題を残した。「コントロールを重視しすぎるとこういう結果になる。しっかり腕を振っていきたい」と原点に返っていた。

...    
<記事全文を読む>