◆オープン戦 広島-西武(7日、マツダスタジアム)

 西武の山川穂高内野手(28)が、単打で3打点の荒稼ぎだ。

 3点リードの2回2死満塁。左腕ジョンソンの変化球を中前に運んだ。2死でフルカウントだったため全走者がスタートを切っており、三走メヒア、二走源田に続き、一走森まで一気にホームイン。中堅やや左翼寄りの単打で3打点をマークした。「打ったのはナックルスライダー。満塁で打てて良かったです」とコメント。これがオープン戦4試合目で初打点でもあった。

 広島先発のジョンソンから初回に2点を奪っていた打線は、山川の一打でこの回4点目。続く外崎が左前打で続い...    
<記事全文を読む>