右肘手術から完全復活を目指す日本ハム・清宮幸太郎内野手(20)が5日、術後初の実戦守備に就く予定だったイースタン教育リーグ・DeNA戦(鎌ケ谷)が中止となり報道陣の取材に対応。新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、第92回選抜高校野球大会が史上初の無観客試合での開催を前提に調整していることを受けて、センバツ出場経験者として高校球児にエールを送った。

 世界中で猛威を振るっているウイルスの影響から、史上初の無観客試合での開催を前提に調整しているセンバツ甲子園。早実高(東京)3年時に出場した清宮が、自らの思いを口にした。

 「家族の人たちも球場で見たかったと思うし、...    
<記事全文を読む>