完全復活の時が近づいている。清宮が約2週間ぶりの実戦で快音を鳴らした。

 一回の第1打席ではバットを折られながらも右前に運び、今季対外試合初安打をマーク。八回無死二、三塁の好機で迎えた第4打席は130キロのスライダーを捉え、右翼線への2点適時二塁打とした。試合後は「前の試合よりだいぶよかった。年が明けてからの中では一番手応えがあった」と笑顔を見せた。

 キャンプ中の2月20日にはDeNAとの2軍練習試合(名護)に出場し、2打数無安打。その後は鎌ケ谷に戻り、より試合を意識した練習を重ねて調子を上向かせた。それでも、見据えるレベルはまだまだ上だ。4打数2安打2打点の...    
<記事全文を読む>