静岡県内で今季初のプロ野球のオープン戦「東北楽天ゴールデンイーグルス-横浜DeNAベイスターズ」が3日、静岡市駿河区の草薙球場で行われた。新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、同球場で行われる楽天のオープン戦8試合は全て無観客となり、例年のにぎわいは影を潜めた。試合は楽天がDeNAを下した。
 閑散とした球場内には打球音や投球がミットに収まる音、両ベンチからの掛け声だけが響いた。球場周辺には球春到来を楽しみにしていた野球ファンの姿も。静岡市駿河区の男性会社員(44)は、親子で立ち寄った。「チケットは払い戻した。残念だけれど、球場の外から音だけでも聞こえればいいかなと思って来...    
<記事全文を読む>