横浜DeNA2ー4楽天

 オープン戦絶好調のオースティンが、また株を上げた。

 初回1死、好投手岸の初球カーブに空振りするも「タイミングを合わせることだけ意識した」と、続く外角スライダーを右中間に運ぶ二塁打で先制の口火を切った。

 第3打席でも左腕から安打を放ち、打率は6割1分5厘。文句なしの活躍に、ラミレス監督の口調も滑らかになってきた。

 「いろんな人を見てきたけど、僕が信じる理想の打撃フォームに彼が一番近い」。外国人選手で唯一通算2千安打を達成したかつての好打者に...    
<記事全文を読む>