日本女子プロ野球リーグの愛知ディオーネの元選手らが、新たな社会人クラブチーム「東海NEXUS(ネクサス)」を創設した。一宮市を拠点に一般企業で働きながら練習し、東海地方の女子硬式野球チームでつくる「センターリーグ」への参入を目指す。選手たちは「一宮から東海、中部地方に女子野球の輪を広げたい」と、共に白球を追う仲間を募っている。

 ディオーネは二〇一八年に本拠地を兵庫県淡路市から一宮市に移し、市営球場での試合のほか、野球教室や市の催事への参加を通じ、街を盛り上げてきた。しかし、今年二月、日本女子プロ野球機構(京都市)が経営難を理由に、女子プロ野球リーグに所属するディオーネ、京...    
<記事全文を読む>