プロ15年目を迎えた横浜DeNAの藤岡好明投手(34)がマイペースで調整を続けている。昨季取得した国内フリーエージェント(FA)権を行使せず、残留したチーム最年長投手は「若い人にないものを確立してマウンドで出せるかが勝負。ブレーキをかけず貪欲に長く投げたい」と新たな目標を設定している。

 2月29日の2軍施設「DOCK」。フリー打撃に登板した藤岡は、細川に右翼フェンスに直撃される安打を浴びるなど痛打された。

...    
<記事全文を読む>