野球の独立リーグ、ルートインBCリーグの群馬ダイヤモンドペガサスの選手が2日、高崎市南部球場で合同自主トレーニングを開始した。ペガサスは今季、育成に力を入れようと、外国人選手を放出、今春県内高校を卒業する新人ら若手を多数獲得しており、グラウンドには活気があふれた。

 今季から指揮を執る牧野塁監督は「開幕まで余裕はないが、まずは互いに理解し合うところから始め、チーム力を上げたい」と開幕に向け士気を高める。4年目の鹿沼柊汰(前橋商高出身)は「しっかり調整しながら新人には技術的な指導もしたい」と意気込む。

...    
<記事全文を読む>