2軍でじっくり爪を研いだ立野は、すでに1軍に帯同しているドラフト1位・河野、同4位・鈴木健へのライバル心を隠そうとはしなかった。

 「抑えることが一番のアピール。あの2人には絶対負けたくない。河野と鈴木さん以上の結果を出して、開幕1軍に入りたいです」。新人投手全員が登板する予定の巨人戦で、即戦力右腕の実力を証明するつもりだ。

 札幌ドームでの人生初登板。「広いなっていうイメージ。マウンドが硬いとかは言い訳にはならない」と気を引き締めた。強力打線が相手となるが「どんどんインコースを攻めていきたい」と強気を貫く構えだ。

 ドラフト5位・望月、育成3位・長...    
<記事全文を読む>