◆オープン戦 西武3-1DeNA(1日、長崎)

 1番の金子が右打席からの3安打と1盗塁と打線を引っ張った。初回は左前打で出塁。二盗の後、源田の右中間三塁打で先制のホームを踏んだ。

 「あのような形が求められている。しっかり足を使って、攻撃できるように」。実戦では左腕との対戦が今季初めてで、ようやく右打席にも立てた。「右に立っていなくて不安もあったけど、4打席立てたのでちょっと安心できた」とスイッチならではの悩みもすっきり解消した。

...    
<記事全文を読む>