沖縄初のプロ野球チームとして日本プロ野球機構(NPB)への参入を目指す琉球ブルーオーシャンズは29日、那覇市の沖縄セルラースタジアム那覇で巨人3軍と対戦し、2―1で勝利した。  昨季まで横浜DeNAにいた大河の適時打で先制。先発の又吉亮文が六回まで5奪三振、無失点と好投した。発足したばかりのチームが「オープニングゲーム」と位置付けていた。幸先良いスタートに清水直行監督は「1勝できたことは、チームの自信になる」と語った。 

...    
<記事全文を読む>