穏やかなはずの週末の光景が一変した-。新型コロナウイルスの感染拡大防止に向けた政府の要請が発表され、初の週末となった29日、九州でも警戒ムードが強まった。ペイペイドーム(福岡市中央区)のプロ野球オープン戦はスタンドを埋めるファンの姿がないまま静かに行われ、33年の歴史を華やかなセレモニーで終える予定だった熊本パルコ(熊本市)は閉店イベントを中止。週明けからの臨時休校を控えた学校は、急きょ修了式や臨時授業を実施し、対応に追われた。

学校は臨時休校準備

 この日、新名称となった福岡ソフトバンクの本拠地ペイペイドーム。“初試合”となるオープン戦...    
<記事全文を読む>