バレーボールのVリーグ1部(V1)女子で2度目の優勝を果たしたJT(練習拠点・西宮市)の吉原知子監督、目黒優佳副主将らが26日、神戸市中央区の神戸新聞社を訪れ、優勝を報告した。

 JTは今季、プレーオフ決勝で岡山シーガルズに3-2で競り勝ち、9季ぶりの頂点に立った。吉原監督は「令和初代チャンピオンで、歴史に残る優勝。連敗がなく、修正するところを徹底してパフォーマンスを発揮できたのは大きかった」と振り返った。

 昨季3位に終わった悔しさを忘れず、夏場に厳しいトレーニングをしてきたといい、「しっかり準備できて、積み重ねたものを試合で出せた。今のメンバーで優勝できてう...    
<記事全文を読む>