バレーボール・Vリーグ男子のJT広島は、サトレル監督就任1年目のシーズンを4位で終えた。レギュラーラウンドは21勝6敗の3位でプレーオフ(PO)進出。しかし、一発勝負のPOで初戦の2回戦敗退。昨季2位の雪辱を果たせなかった今季を振り返る。

...    
<記事全文を読む>