バレーボールのVリーグ女子の入れ替え戦最終日は23日、静岡県浜松市のサーラグリーンアリーナで行われ、1部12位のヴィクトリーナ姫路が3-0で2部1位の群馬銀行にストレート勝ちし、2連勝で1部(V1)残留を決めた。

 競り合いながら取り切った第1セットに、姫路が今季V1を戦ってきた経験がにじんでいた。粘り強くボールを拾う群馬銀行に対し、選手同士で声を掛け合いながら工夫して1点を取りにいき、31-29で先取。竹下監督は「厳しい戦いの中で、2日間集中して踏ん張った。1シーズン通して苦しみながら成長したのが2試合に出たのでは」と総括した。

...    
<記事全文を読む>