バレーボール男子のV1は16日、松本市総合体育館などでレギュラーラウンド最終戦4試合を行い、VC長野トライデンツはサントリーに1―3で逆転負けした。4連敗で通算3勝24敗の勝ち点9。VC長野は2季連続の最下位(10位)が確定した。

 V1に参戦可能なライセンスをV2で唯一持つ2位の北海道は、この日勝って2位以内が決定。VC長野は3月14、15日に堺市で行う入れ替え戦で北海道と対戦する。

 VC長野は第1セット、ストレジェクのスパイクや森崎のブロックなどで25―20と先取。第2、第3セットを奪われると、第4セットは序盤のミスが響き、17―25で落とした。ストレジェ...    
<記事全文を読む>