バレーボール・Vリーグ男子は16日、ジェイテクトアリーナ奈良などで4試合があり、レギュラーラウンドを終えた。リーグは個人賞を発表し、得点王はジェイテクトの西田有志が645点で日本人選手で初受賞した。JT広島の小野寺太志がスパイク賞とブロック賞を初めて獲得した。

...    
<記事全文を読む>