岡山シーガルズの選手たちが31日、岡山市北区柳町の山陽新聞社を訪れ、過去最高タイの準優勝を果たした今季の戦いを報告した。

 吉田みなみ、川島亜依美両主将やセッター宮下遥ら8人が訪問。出迎えた松田正己社長は「皆さんの活躍で岡山は盛り上がり、元気、勇気をもらった。本当におめでとう」と祝福し、チームカラーの青の花束を贈った。4季ぶりにPOに進出した今季について吉田は「海外遠征などを通じて養ったチーム力で戦った。こうすれば力を出せると、若手たちも分かったことが大きい」と振り返った。

 POのファイナル8では久光製薬を0―2から逆転で退け、準決勝でもデ...    
<記事全文を読む>