神奈川勢がスポーツクライミング界を席巻する日も遠くなさそうだ。22日に東京都昭島市で行われた「スピードジャパンカップ」で、同世代のホープがしのぎを削った。平塚中等教育学校出身の土肥圭太(19)=鹿児島県連盟=と、横浜清陵高出身の天笠颯太(19)=日大。初の直接対決を制した土肥はそのまま頂点まで駆け上がった。互いに「負けられない相手」と闘志を燃やす好敵手。4年後のパリ五輪へ、争いは始まったばかりだ。

...    
<記事全文を読む>