新型コロナウイルスの感染拡大を受け、政府は28日、全国の小中高校などに一斉休校を要請するとともに、部活動の自粛も求める方針を示した。これを受け、県教委は部活動に関して「全ての活動を行わないこと」と現場に求めた。大会を目前に控えた部活動もあり、関係者は感染拡大の思わぬ余波に戸惑い、対応に苦慮している。(取材班)

 高校の部活動は3月、インターハイ、国体と並ぶ「三大大会」の全国高校選抜大会が集中開催される。だが28日には柔道、卓球、ソフトボールなどの中止が新たに決まり、自粛ムードが広がる。県高体連の堤啓剛理事長は「全国大会での実績は、進学や就職など子どもたちの進路にも影響する。...    
<記事全文を読む>