柔道のグランドスラム・デュッセルドルフ大会(21~23日、ドイツ)を約2週間後に控えた8、9日の両日、女子48キロ級の渡名喜風南は、那覇市の沖縄尚学高校柔道部を訪ねた。同校女子の真喜志康孝監督が渡名喜と同じ帝京大出身という縁から、渡名喜が沖縄に来た際には何度か足を運んでいるという。指導を受けた選手らは、東京五輪代表入りを決めたあこがれの先輩へ「ちばりよー!」と大きな声援を響かせた。

...    
<記事全文を読む>