県内広域を舞台とする自転車ロードレースの国際大会「第4回ツール・ド・とちぎ」(3月20~22日)の実行委員会が27日に県総合文化センターで開かれ、大会を予定通りに実施することを確認した。

 新型コロナウイルスの感染拡大に伴って政府が求める自粛要請の期間外で、公道が舞台となることなどから判断した。実行委の喜谷辰夫(きだにたつお)会長は「東京マラソンの対応も参考にして予定通り実施したい。国の方針や県の基準に照らし合わせ、慎重に開催形態を決定していく」と理解を求めた。

...    
<記事全文を読む>