日本柔道界のエースが金メダルへの道を開いた。東京五輪代表に決まった19歳の阿部詩(うた)(日本体育大)=神戸市兵庫区出身。世界選手権2連覇と無類の強さを誇る異才は、五輪で過去に日本勢が頂点に立っていない女子52キロ級に挑む。「(日本人で)初の優勝は一番目指しているところ。自分のすべてを懸ける」と奮い立った。

 27日夕、記者会見場に姿を現した阿部は「日本代表の覚悟が決まった」と真剣なまなざしで語った後、笑みを見せた。「きょうはお父さんの誕生日。いいプレゼントを届けられた」。父浩二さんが50歳を迎え、二重の喜びとなった。

 阿部は神戸の和田岬で3人きょうだいの末っ...    
<記事全文を読む>