全日本柔道連盟(全柔連)は27日、東京都の講道館で強化委員会を開き、男女計12選手を東京五輪代表に選出した。

 紆余(うよ)曲折を経て再び手にした五輪代表に誇りを抱いた。男子81キロ級の永瀬が2017年に負った右膝の大けがを乗り越え、昨年7月からの国際大会4連勝が評価されての代表入り。「神様の試練じゃないけど、けがは強くなれるきっかけにすぎないという考え方でここまでこられた。挫折をせず挑んだ4年前と違い、いろんな経験をした分、成長している」と胸を張った。

 右膝のけがは人生初の手術と約1年の離脱を強いられる重傷だった。心が折れそうになった永瀬を救ったのが、男子日...    
<記事全文を読む>