全日本柔道連盟は27日、東京都千代田区の講道館で東京五輪代表選考の強化委員会を開き、男子60キロ級代表に下野市出身の高藤直寿(たかとうなおひさ)(26)=パーク24=を選出した。高藤は銅メダルを獲得した2016年リオデジャネイロ大会に続く2大会連続の五輪出場。新たに選出された男女12人が臨んだ記者会見で、高藤は「金メダル取ります」と高らかに宣言した。

 男子60キロ級の代表争いは永山竜樹(ながやまりゅうじゅ)=了徳寺大職=との一騎打ちとなっていたが、高藤が22日のグランドスラム・デュッセルドルフ大会で優勝。勝負強さと安定感を男子日本代表の井上康生(いのうえこうせい)監督が高...    
<記事全文を読む>