プロ野球12球団は26日、新型コロナウイルス感染拡大を受け、東京都内で斉藤惇コミッショナーも参加して臨時の代表者会議を開き、3月15日まで組まれたオープン戦の残り全72試合を無観客で実施することを決めた。2軍の春季教育リーグも同様に無観客で行う。

 

 安倍晋三首相のスポーツなどへの自粛、規模縮小への要請を踏まえ対応した。記者会見した斉藤コミッショナーは「苦渋の決断。12球団が完全に一致した」と語った。

 巨人はすでに25日、東京ドームで主催する29日と3月1日のヤクルトとのオープン戦2連戦を無観客で実施することを発表し、3月3日から8日に組まれている相手球団の主...    
<記事全文を読む>