東京五輪の国内聖火リレーは26日でスタートまで1カ月となった。福島県楢葉町、広野町のサッカー施設「Jヴィレッジ」を出発し、121日間かけて全国47都道府県、859市区町村を巡る一大イベントの準備が各地で進む。一方、新型コロナウイルスの感染が広がり、聖火リレーへの影響も懸念されている。
 聖火は3月12日に古代五輪が行われたギリシャのオリンピア遺跡で採火され、20日に航空機で東松島市の航空自衛隊松島基地に到着。「復興の火」として25日まで、東日本大震災で被災した宮城、岩手、福島3県で巡回展示される。
 出発地点のJヴィレッジでは2011年サッカー女子ワールドカップ(W...    
<記事全文を読む>