四月十七~二十二日に開催予定だった「ウインドサーフィンワールドカップ(W杯)横須賀・三浦大会」について、横須賀市や三浦市などでつくる実行委員会は二十五日、新型コロナウイルスの感染拡大を受けて中止すると発表した。

 津久井浜海岸と三浦海岸を会場に二〇一七年から毎年開かれ、昨年はファンら約八万八千人が来場。今年は約百人の世界トップ選手によるレースのほか、体験会や飲食、ステージのイベントも予定していた。

 実行委事務局は「昨年までの五月から、風の条件のいい四月に変更しただけに残念。来年の開催に向けて準備したい」と話す。四月末から予定された韓国大会も中止になった。

 (村...    
<記事全文を読む>