東京パラリンピック開幕まで半年となった二十五日、東京都江東区の小中一貫校、有明西学園の小学三年生百九人が、大会まであと六カ月を表す「6」の人文字を作った。パラ陸上女子走り幅跳び(視覚障害T11)で代表に内定している高田千明選手(ほけんの窓口)による体験授業もあり、大会の盛り上げを誓った。

 校庭で文字の形に座った児童たちは、大会マスコット「ソメイティ」にちなんだピンク色のパネルを頭上に掲げ、「パラリンピックまであと半年!」と声をそろえた。体験授業ではアイマスクを着け、伴走者役を頼りに恐る恐る体育館を走った。

 見えない世界を疑似体験した児童たちは、口々に「怖い」...    
<記事全文を読む>