四日市四郷高アーチェリー部3年の田木亮成は日本体育大、眞弓怜奈は近畿大に進む。田木は昨年10月の茨城国体で少年男子県チームをけん引して、県勢初の国体準優勝に貢献。眞弓は2019年の17歳以下女子ナショナルメンバーに選出された。高校卒業後は2019年度全日本学生王座決定戦の男女優勝校へ進学。将来の日本代表入りを視野に、レベルの高い環境で心身を鍛える。

 アーチェリーに初めて出会ったのは中学3年。県の体験会や高校の見学会参加をきっかけに競技に興味を持ち、同校に進学し、アーチェリーで全国を目指すと決めた。

 「頑張れば頑張るだけ違う世界が見えてくる」―...    
<記事全文を読む>