全日本柔道連盟副会長で徳山大教授の吉岡剛(よしおか・つよし)さんが23日午後2時9分、肝硬変のため山口県周南市の病院で死去した。63歳。長崎市出身。葬儀・告別式は26日午後1時から周南市徳山萩原743の4、向西会館とくやまで。喪主は妻佐奈美(さなみ)さん。

 1984年のロサンゼルス五輪柔道男子無差別級で金メダルを獲得し、203連勝のまま現役を引退した日本オリンピック委員会(JOC)の山下泰裕会長を最後に破った選手。福岡・嘉穂高から進学した中大時代の77年に、全日本学生選手権で勝った。

 山下会長とは嘉穂高時代から死闘を繰り広げ、団体戦では金鷲旗大会で2年生だっ...    
<記事全文を読む>