日本中を熱狂させたラグビーのワールドカップ(W杯)閉幕から3カ月余り。ジャパン初の8強入りを支えた裏方のスタッフは、一足早く2023年のフランス大会に向けて走りだしている。「アナリスト」と呼ばれる分析担当の浜野俊平さん(25)=桐光学園高出身=は「次のミッションはW杯4強。新しいチームになるし、自分も新しい考えを身に付けたい」と、他競技から分析手法を学ぶなど研さんを重ねている。 「分析は、スポーツを科学することができる」と語る浜野さん=都内 「分析は、スポーツを科学することができる」と語る浜野さん=都内  日産スタジアムのスタンドの一角で胸を高ぶらせながら、パソコンに各選手のタックル数...    
<記事全文を読む>