二〇二〇年東京五輪・パラリンピックで大会関係者に贈られる各都道府県からの記念品に、高山市の伝統工芸品の一位一刀彫と飛騨春慶が選ばれた。

 記念品は、各都道府県が参画するプロジェクトとして企画され、各地の伝統工芸品など計九十五品目を選定。大会期間中、国際オリンピック委員会(IOC)委員や国家元首ら千二百人に贈られる。

 飛騨春慶は紅春慶の角長小箱、一位一刀彫は花のブローチがそれぞれ十点ずつ出品される。市商工課の担当者は「高山の誇れる伝統工芸を世界の人に知ってもらう良い機会になる」と話していた。

 このほか県内では、美濃和紙の扇子と養老焼の器が選ばれた。...    
<記事全文を読む>