長野市の加藤久雄市長は20日、1998年長野冬季五輪で使った市有のそり競技施設「スパイラル」について、札幌市が招致を目指す2030年冬季五輪に向けて貸し出すことで両市で一致し、3月中に覚書を交わすと正式に表明した。施設の整備や改修、五輪運営にかかる費用は長野市として「負担しない」と明言。札幌市が進める招致活動や、招致に向けた「開催概要計画」の作成などに協力するとした。

 長野市スポーツ課によると、覚書には貸し出し条件として、開催地決定後に設けられる大会組織委員会が施設整備などの経費を負担し、「長野市は原則負担しない」と盛り込む。使用料は協議する。覚書は「現時点での...    
<記事全文を読む>