昨秋のラグビーワールドカップ(W杯)で日本代表としてアジア史上初の8強入りに貢献し、県民に大きな夢と希望を与えたとして、県は、トップリーグのパナソニックワイルドナイツのバル・アサエリ愛選手(30)=正智深谷高校、埼玉工業大卒=に「彩の国功労賞」を贈呈した。

 授賞式は熊谷市の熊谷ラグビー場であり、大野元裕知事から表彰状を受け取ったバル選手は「すてきな賞をいただけて本当にうれしい。これからも一生懸命頑張るので応援よろしくお願いします」と喜んだ。

 バル選手は十六歳の時にトンガから来日。W杯の一番の思い出は、決勝トーナメント進出を懸けた一次リーグ最終戦のスコットラン...    
<記事全文を読む>