あがいた影の色濃さが、光をより鮮烈にする。順位はつかないオープン参加で出場した昨年12月の豊田国際競技会。トレードマークの笑顔が白井のもとに戻っていた。

 「今季一度も使えなかった技を二つ同時に達成できたのは、来年に向けて可能性を感じた」

 初日の床運動。冒頭から代名詞であるH難度の「シライ3(後方伸身2回宙返り3回ひねり)」で会場を沸かせると、最後もF難度の「シライ/ニュエン(後方伸身宙返り4回ひねり)」で飾った。

 出来栄えを示すEスコアは伸びなかった。マークした14・500点もまだ物足りない。それでも、白井を「シラ...    
<記事全文を読む>