2016年のリオデジャネイロ五輪団体総合金メダルメンバー、白井健三(日体大大学院、岸根高出身)が完全復活を懸けた東京五輪イヤーに挑む。昨季はけがに悩まされ、“前哨戦”の世界選手権出場を逃した。若手の台頭など地殻変動も起きているお家芸の「体操ニッポン」。試練を乗り越え、自らに打ち勝ち、その手でエース復権を果たしてみせる。

 昨年6月の全日本種目別選手権。床運動で3位にとどまった白井の、岸根高時代から続いた世界選手権の連続出場がついに「5」で止まった。

 競技後、報道陣の前に現れた白井は、大会スポンサーの大手企業のCMに登場していた...    
<記事全文を読む>