富山県南砺市と富山市で開かれている「とやま・なんと国体2020」スキー競技会は最終日の十九日、大回転少年男子とクロスカントリーリレーがあった。大回転少年男子では新谷翔也選手=岐阜第一高=が六位に入り、初入賞。クロスカントリーリレー成年男子では五位となり、前回の六位を上回った。

 県勢の総合成績は、男女総合で六位、女子総合で十四位。今年は会場の雪が不足したため、アルペンチームは各選手が高山市のほおのき平スキー場で直前練習を行い、競技前日の夕方に現地入りするなど調整に苦労した。

 坂田誠有団長は「男女総合は昨年と同じ順位だが、昨年より点数を上げることができた。以前は...    
<記事全文を読む>