新型コロナウイルスの国内感染拡大を受け、県内プロスポーツチームも対策に追われている。宇都宮ブレックスや栃木ゴールデンブレーブス(GB)は19日、今週末のトークイベントの中止を発表したほか、栃木SC、宇都宮ブリッツェンなどはファンサービスの縮小を決めた。間もなくシーズン開幕を迎えるチームもあり、感染拡大に警戒を強めている。

 イベントの中止に踏み切ったのは、野球独立リーグ・ルートインBCリーグの栃木GBとバスケットボールB1の宇都宮ブレックス。栃木GBは24日にイオンモール小山店で実施予定だった「新入団選手お披露目トークショー」の中止を決定。ブレックスも20、23日にFKD宇...    
<記事全文を読む>