第75回国体冬季大会スキー競技会最終日は19日、富山県南砺市たいらクロスカントリーコースなどで行われ、県勢は距離女子20キロリレーで3連覇し、少年男子40キロリレーで5年ぶりの優勝を飾った。長野県の男女総合(天皇杯得点)は、前回から20・5点減の138点で2位。女子総合(皇后杯得点)は25・5点減の37点で5位に終わった。

 女子リレーは、1、2走が北海道と競り合い、3走の宮崎日香里(日体大)が単独トップに。アンカーの小林千佳(早大)がリードを1分8秒7に広げた。少年男子リレーは、首位と1分4秒1差でスタートした3走の湯本幸耶(中野立志館高)が5人抜きでトップに立...    
<記事全文を読む>